スタッフコラム

2019.06.09 NEW

時効

:今回の学習は、時効についてです。その名の通り、ある状態が一定期間続いた場合に、取得時効といって権利を取得したり、消滅時効といって権利が消滅するといった効果を認めることになります。
あらゆる事例の時効がありますが、私が一番印象に残ったのは、時効の中断です。時効の中断という状況は、時効の信仰をストップさせ、それまでの期間をゼロにする事です。
具体的な中断事由は、請求(支払いの督促・催告・訴えの提起)や、差し押さえや、承認(債務が話者のアクション)等です。
例えば、債務者が、そのまま待っていれば時効になり、権利を得られるにもかかわらず、債権者に対して債務の一部を弁済したりすると、時効は中断となります。
今回の学習の事項は、もちろん売買にも深く関わりますが、普段の業務でなかなか触れられない、賃貸の際にもかなり重要な項目だったので、とても興味深いです。また、事例がなかなか複雑だったり、判断が難しい場合が多いので、実際業務で時効に関して考察する機会があったら、誰よりも正しい意見を述べられるように掘り下げて学習しようと思います!

ページの先頭へ

Copyright (C) e・ミライフ, All Rights Reserved.